忍者ブログ
<>

真鍮 ブローチ

2018年11月16日
真鍮のブローチを作りました。
とちぎ秋祭りでも好評でした。


拍手[0回]

PR

とちぎ秋祭り

2018年11月15日
11月10、11日 晴天
 とちぎ秋祭りは、盛り上がりました。
栃木市の保存建築物に認定されているお家をお借りして、お店を開きました。


表には、狐のおめんで、雰囲気を出しています。
建物とお面が雰囲気を出しています。

山車が、お店の前を引かれています。




夜、雰囲気でてる。

今年の秋祭りの人出は、40万人だったそうです。

拍手[0回]

であいクラフト

2018年10月15日
10月14日
であいクラフトでした。
前日の天気予報では小雨でしたが、当日はいい塩梅の晴天でした。



イベントでは、爽やかな 音楽や、ふかふかの芝生の上でのフラダンスなど、盛りだくさんでした。





沢山の方がご来場いただき、楽しい、ゆったりとした一日でした。

また、来年も参加できたらいいな~。

拍手[0回]

Copain Marche 2018 ありがとうございます

2018年09月03日



Copain Marche 2018 初めて、参加しました。
たくさんのお客様にいらしていただき、お話しでき、楽しかったです。
さあ~て!、次のイベントに向けて、頑張るぞ。

次は
イベント名称:第3回 藤岡クラフト 秋のアート&クラフト展

開催日時:2018年9月29日(土) 10:00-17:00

     2018年9月30日(日) 9:00-16:00

開催会場:ららん藤岡(屋外)

     〒375-0005 群馬県藤岡市中1131-8

https://www.facebook.com/designrockfes

近くの方は、遊びに来てください。

拍手[0回]

ローマングラス

2018年04月15日
3月4月の慌ただしい時期も終わり、作品制作に時間を使おうと思います。
以前に購入した、ローマンガラスを使って夏に向けた、作品を少し作りました。
 

ローマンガラスは、力を加えると割れるため、留める金具や、仕様を工夫した私のオリジナルの作品となりました。詳しくは、iichiをご覧ください。
尚、作品は、4月30日のクラフトフェアhttp://tano-kura.net/atsumaru/wsfestival_oyama2018430/で販売します。近くの方は、ぜひお立ち寄りください。

拍手[0回]

帯どめ 作りました

2018年02月16日
初めて、帯どめを作りました。

お世話になった、上司への感謝の気持ちです。
日本古典柄の波を使ったデザインを希望されたので、工夫を重ねました。
糸鋸を使って透かして、波を作り、レリーフ状に波を一つずつロウ付しました。
かわいい千鳥をオパールを研磨し、2羽配置しました。
気に入ってもらえるかな?楽しみです。

拍手[0回]

ループタイ

2018年01月17日
寒中、お見舞い申し上げます。

 学生の頃よりお世話になった先生に、ループタイを作りました。
 ラブラドライトですが、クラックが細かく、また、そのクラックが赤紫に発色し、何とも言えない雰囲気を醸し出しています。
 先生は、おじいちゃんですが、常にエネルギッシュですので、直線を基調とした若々しいデザインとしました。
 先生に気に入っていただけるといいな~。

 
 

拍手[0回]

作品紹介 2018年1月

2018年01月09日
現在iichiで販売している作品を、紹介します。

今後は、イベント等で展示販売いたします。
現物をご覧いただき、画像では十分に鑑賞できない素晴らしさ感じてください。
手に取って、鑑賞するだけでも癒され、powerが得られます。
ご覧いただき、思い思いに感じた事をおしゃべりして、ミネラルストーンの神秘な世界に浸りましょう。詳細はiichiをごらんください。https://www.iichi.com/shop/ginmonokurabu
 
 

拍手[0回]

今年のお宝

2018年01月07日
あけましておめでとうございます。

昨年の暮れ、恒例のミネラルフェアに行ってきました。
今回は、鉱物以外?の鮮やかで魅力的な素材もたくさん見つけてきました。
まずは、ご覧ください。


ローマンガラスです。
 ローマンガラスとは、ローマ帝政開始(B.C.27年)から帝国の東西分裂(395年)までの約5世紀間に、ローマ帝国内で製造・流通したガラス製品の総称です。
 地中に埋もれていたローマンガラスには、表面が七色に光る現象が現れているものがあります。銀化現象と呼ばれ200年~500年以上、乾燥した限られた環境の土に埋まることにより起こる、ガラスの成分が化学反応を起こした風化現象です。銀化したガラスは、光の当たり加減によって様々な色合いに変化します。人工的には決して再現できない、神秘的な美しさが感じられます。
 ふたつと無い色彩を持つアクセサリーと歴史を背負うアンティークという側面から、近年ヨーロッパ諸国では宝石に並ぶ人気です。ミネラルフェアでも高品質のものを扱っているブースは、一つだけでした。
 魅力的なローマンガラスとシルバーでアクセサリーを作成します。そのままの形を生かしますので、一つ一つ手作業でしかできない、世界に唯一の作品となります。うううう~、楽しみです。

次にこれ!!!!!
 
アンモライトです。
 アンモライト (ammolite)オパール状の遊色を持った生物起源の宝石で、アメリカ合衆国カナダロッキー山脈の東斜面にのみ産出する。アンモナイトの化石からなり、主として霰石真珠を形成するものと同じ)からなる。琥珀や真珠などと同じく生物活動によって作り出された宝石の一つである。Wikipediaより・・・です。
初めてチャレンジする素材です。これは、じっくり取り組みます。


またまた

今回もスペクトロライトを購入しました。
スペクトロライトの中でも最も希少とされる、紫に輝く原石を購入しました。

もう一つ

アイアンタイガー、レオパードスキン、二枚貝の化石、渋い色合いですが模様が面白く、購入しました。これもじっくり眺めながら、デザインを考えます。


今年は、BonMarche100人展 Vol.16 2018年4月22日(日) 10:00〜17:00 道の駅うつのみや ろまんちっく村 に、参加申し込みしようと思います。抽選です。当選するよう、初詣に願掛けました。

参加が決まりましたら、作品をせっせと作ります。乞うご期待。iichiでも販売します。



拍手[0回]

スペクトロライト 研磨

2017年10月20日
ずいぶん前に購入したスペクトロライト(フィンランドユレマー産)を
しっかりと研磨しました。



光がうまく入らないと黒っぽく見えます。
ところが、うまく入ると!!!


モルフォ蝶のように、ブルーに輝くルースに変身します。
きれいだな〜



側面は、こんな感じ です。

もう一つ、長方形のルースです。
こちらは、玉虫色?ですか


光が入らないと、こんな感じ



斜めから光をかざし、正面mから見ると、ベストビューですね。



創作意欲が、もりもり沸いてきました。

作るぞ!!、候ご期待!! 2017-10-20

拍手[2回]

 | HOME | 次のページ »