忍者ブログ
<>

今年のお宝

2018年01月07日
あけましておめでとうございます。

昨年の暮れ、恒例のミネラルフェアに行ってきました。
今回は、鉱物以外?の鮮やかで魅力的な素材もたくさん見つけてきました。
まずは、ご覧ください。


ローマンガラスです。
 ローマンガラスとは、ローマ帝政開始(B.C.27年)から帝国の東西分裂(395年)までの約5世紀間に、ローマ帝国内で製造・流通したガラス製品の総称です。
 地中に埋もれていたローマンガラスには、表面が七色に光る現象が現れているものがあります。銀化現象と呼ばれ200年~500年以上、乾燥した限られた環境の土に埋まることにより起こる、ガラスの成分が化学反応を起こした風化現象です。銀化したガラスは、光の当たり加減によって様々な色合いに変化します。人工的には決して再現できない、神秘的な美しさが感じられます。
 ふたつと無い色彩を持つアクセサリーと歴史を背負うアンティークという側面から、近年ヨーロッパ諸国では宝石に並ぶ人気です。ミネラルフェアでも高品質のものを扱っているブースは、一つだけでした。
 魅力的なローマンガラスとシルバーでアクセサリーを作成します。そのままの形を生かしますので、一つ一つ手作業でしかできない、世界に唯一の作品となります。うううう~、楽しみです。

次にこれ!!!!!
 
アンモライトです。
 アンモライト (ammolite)オパール状の遊色を持った生物起源の宝石で、アメリカ合衆国カナダロッキー山脈の東斜面にのみ産出する。アンモナイトの化石からなり、主として霰石真珠を形成するものと同じ)からなる。琥珀や真珠などと同じく生物活動によって作り出された宝石の一つである。Wikipediaより・・・です。
初めてチャレンジする素材です。これは、じっくり取り組みます。


またまた

今回もスペクトロライトを購入しました。
スペクトロライトの中でも最も希少とされる、紫に輝く原石を購入しました。

もう一つ

アイアンタイガー、レオパードスキン、二枚貝の化石、渋い色合いですが模様が面白く、購入しました。これもじっくり眺めながら、デザインを考えます。


今年は、BonMarche100人展 Vol.16 2018年4月22日(日) 10:00〜17:00 道の駅うつのみや ろまんちっく村 に、参加申し込みしようと思います。抽選です。当選するよう、初詣に願掛けました。

参加が決まりましたら、作品をせっせと作ります。乞うご期待。iichiでも販売します。



拍手[0回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字